目指せ夢のマイホーム!新築一戸建て購入のため知っておきたい情報について

理想の新築一戸建てをお得に購入するための方法

>

住宅の種類と購入のためのあれこれ

戸建ての購入資金について

いざマイホームを持とうとして、不動産管理会社の紹介するWebサイトや案内を見てみると、その金額に驚くことになります。
戸建ての購入の場合、土地付きの注文住宅か建売注文住宅か、新築か中古か、都市部か地方なのかなど、条件によって価格は変動します。
しかし、おおよその相場は2000万円~5000万円ほどと言われています。
購入者の予算相場の平均も2500万円~3000万円程度と言われているので、戸建ての購入にかかる費用は、おおよそこの範囲に収まると思われます。
このように、戸建ての購入には数千万円という巨額な資金が必要となります。
そのため、基本的には現金で一括して支払うことなく、ローンを組んで支払うケースがほとんどです。

安く戸建てを購入するための低金利

戸建ての購入の際に、ほとんどの場合ローンを組むことになります。
基本的には、ローンを組む際には銀行等の金融会社からの融資を受けることになります。
もちろん、ローンを組んだ後は分割して融資を受けた分の金額を返済し続けていくことになりますが、返済金額は融資を受けた分のみを分割して払い続ける訳ではありません。
当然、この融資には金利が伴うため、ローンとして支払い続ける金額も、購入金額を単純に分割したものとはなりません。
この金利はその時々の制度変更によって割合が変化します。
つまり、住宅ローンを組む際に、金利が低い状況にあれば、その分お得に住まいを購入することが出来るということになります。
近年、国の方針として住宅ローンの低金利化が進められており、各金融会社もそれにならって低金利の設定をしています。
この状況がいつまで続くかはわかりませんが、いずれにせよ戸建て購入としては良いタイミングであるといえるでしょう。


この記事をシェアする