目指せ夢のマイホーム!新築一戸建て購入のため知っておきたい情報について

理想の新築一戸建てをお得に購入するための方法

>

リスクもあるが、お得な「直接売買」

直接取引という手段

新築戸建てを安く購入する手段としては、売主と直接取引するという方法もあります。
というのも、不動産業者を通して物件を探し、売買契約を結ぶ場合、基本的には仲介手数料というものを業者に払わなくてはいけません。
この仲介手数料ですが、相場としては物件価格の2~3%あたりとされています。
例えば、3000万円の物件を購入する場合、不動産業者には60万~90万円を手数料として支払うことになります。
ですが、売主と直接売買の契約を結べば、この仲介手数料もかかりません。
近年では売主自身も購入者と直接売買契約を進められるようにと、契約に関する法律や諸々のルールに詳しいことも珍しくありません。
道端の電柱に物件に関する張り紙など、売主が直接買い手を探すこともよくあります。

仲介業者をはさまないデメリットも

もちろん、仲介業者を間に挟まないことで生じるデメリットもあります。
例えば、売主が住宅構造の欠陥などの不都合な情報を隠している場合、これを見抜くのも買い手本人に任されるということになります。
不動産業者が管理する物件であれば、購入者への情報提供など、買い手にとってのサービスも行ってくれるため、より希望する物件を探しやすくなります。
また、不動産業者が間に入ることで、売り手と買い手双方のスケジュール調整を行ってくれたり、火災保険の加入手続きなども案内してもらえますが、売主と直接取引する場合は購入者が連絡を取り合って行わなければなりません。
不動産業者を間にはさまないことで、確かに費用面では安くあがります。
しかし、より安全な購入までの手続きを希望するのであれば、売主との直接交渉は慎重にするべきだといえます。


この記事をシェアする